無線

2020年1月28日 (火)

2mバンドAMモード

20200128

アマチュア無線の倦怠期対策。
VU帯でのマンネリ化防止も含めて2mでAMモードの運用をしています。
最近のHFからUV帯までQRVできる機種なら概ねAMモードもついているはず・・・。
ということで遊びましょうと電波を出しているわけです。

さて、最近2mバンドでAMモードを運用する場合、144.72MHzあたりのFM運用周波数を使用しています。
それなりに下心があってのことです。
FM主体のバンドの中で見つけてもらえるかもというのが最も大きな理由です。
ついで良くも悪しくも話題になればと・・・。

基本的には、呼び出し周波数でAMモードで発砲しますとアナウンスしながらやりますので、呼び出し周波数から大きく離れていても良いのですが、最近の機種を使用している方の中にはスペアナ表示している方もありますので・・・。

ということで2mAMやってますのでよろしくです。

 

ところで、当局の運用を聴いて疑問に思われる方もいらっしゃるようなので書いておきます。
疑問となるのは「バンドプラン的にどうよ?」という点です。
JARLなどのバンドプランを書いたものにはA3E(AM)は狭帯域で・という表記しかありません。
また、AMはSSBと同じところで運用するという古い時代の記憶も残っています。

結論をいえば 「AM(A3E)は SSBで使われる周波数、FMで使われる周波数 のいずれでも運用可能」となります。
一応平成21年の使用区分変更時に東北総合通信局に問い合わせし回答を得ました。
と、書いても当局の言い分ですので下記に根拠を書いておきます。

 

 

続きを読む "2mバンドAMモード" »

2020年1月26日 (日)

ご無沙汰しております

20200126

なんやかんやと正月から忙しく過ごしておりました。

今年初めての投稿になりますが、何を書こうかと・・。

一応、今日は旧暦の1月2日ということで、あけましておめでとうございます。
今年もごひいきに お願いいたします。

出かけたついでに、途中の高台で無線運用でもと考え目的地に・・。
思いがけないアイボール会となりました。

今年は雪が無い(少ないというレベルではありません)のでいつもの年には車で登れない場所に行くことができます。
出かけた先は、東根市(JCC#0511)にある大森山公園です。
平地から150m弱の小高い山です。
標高は大したことはありませんが四方八方に電波が飛ぶ面白いポイントです。

持ち出したアンテナはモビホだけのお粗末運用ですがそれなりに楽しめました。

モビホながらロケの恵みにより 秋田県八峰町と交信できました。

八峰町といえば ハタハタ・・・

今シーズンは食べていないなぁ・・・。

 

2019年12月27日 (金)

無線局再免許申請(スプリアス対応なし)

20191227

久しぶりの更新です。
一応生きています。

来年1月いっぱいで無線局免許の期限切れとなります。
少し余裕を見て今月初めに再免許の手続きを行いました。
今日、無事に新しい免許状が届きました。
届いた免許状の備考欄には、上の画像のような但し書きが付きました。

新スプリアス対応についてはずいぶん前から話題になっていますが、なんかあいまいなところしかわからないという感じでした。
再免許についても「新スプリアス基準」に合致しないものは免許されないとか・・ とか・・。

よくわからないところは、大元締めに聞いてみようということで確認してみました。
ついでに、仮に免許期間5年の許可が下りなければ免許期間2年で申請してもダメなのかなどという対応案を考えて・・・。

結論は、
令和4年の期限以降に「新スプリアス基準」に合致しない無線機が使えなくなるだけで、「新スプリアス基準」に合致しない無線機を含めて免許は下りるということです。
ということで、上のような但し書きが付くわけで・・・。

無事免許は更新されましたが、「新スプリアス基準」未対応の無線機があるわけで、結局は対応することになります。
あと3年もあれば・・・。 あっという間のような気がしますが。

 

2019年10月22日 (火)

QSLカード到着

20191022

新しいデザインのQSLカードが届きました。
ネット入稿で作ったので届くまで少し不安なところもありましたが思ったようなできばえでした。

初めて使う印刷会社だったので1000枚印刷しましたが,このできばえならもう少し枚数を増やして1枚単価を下げてもよかったと思いました。
次回の注文時にはそうしましょう。

 

2019年10月 1日 (火)

マルチサイズQSLカード作り

20191001

タイトルは格好良いのですが・・・。
¥がないからQSLカードを使い回そうという姑息な内容です。

そろそろ手持ちのQSLカードが少なくなってきました。
移動運用用には手抜き (。_・☆\ ベキバキ カードを使用していますが,ファーストコンタクトの局や気分が向いたとき発行するために印刷会社にお願いしたカードを準備しています。
現在,4パターンのデザインのものを使っていますが,そのうちの1つが無くなってきました。
そろそろ準備しておこうと思います。

以前であれば写真や絵を準備して印刷会社にお願いすればきれいなQSLカードができあがりました。
最近は,自分でデザインしたものを印刷してもらうということもできます。
当局も最近はPCでデザインしたものをメールで送れば完成したカードが届くというネットサービスを利用しています。

今回底を尽きそうなカードは約3000枚程発行しています。そろそろデザインを変更してもいいかなと思い作業にかかりました。
基本的には以前のファイルを使い画像と文字レイアウトを変更する程度ですが・・・。

今回作成するカードにはチョットしたギミックを入れることにしました。
通常は郵便はがきサイズで使用して,DX局用には2辺をカットすれば国際規格カードとして使えるようにします。

今までは,DX局に発行するカードは枚数も少ないことから家庭用プリンターで印刷したものを使用していました。A4の耐水フォトペーパーを使って4枚分を印刷してからカットしていました。
耐水ペーパーを使用していても水濡れにはやはり弱いようです。
データ面はレーザープリンター印字ですので問題ありませんが・・・。
海外の郵便事業がどんなものかはわかりませんが,取り扱いに不安がありました。
汚れたカードが届いたら当局もショックです。
そこで印刷会社にお願いしたカードを使い回してしまおうということにしました。

画像の配置もありますが,文字が間抜けにならない程度に間を開けて配置しなければなりません。日本語には簡単な英語を併記して っと。
やり過ぎるとごちゃごちゃしてしまいます・・・。

一応試し印刷してみましたが・・・
あとは実際に使う画像を何にするか考えなければなりません。

 

2019年8月15日 (木)

強制冷却

20190815

お盆前に早くも秋のような日があったと思えば・・・
また暑くなりました。

山の中腹まで所用で出かけたついでに少しだけ移動運用の真似事を。
ちょっと長めのモビホに10W機のお手軽運用、エアコンのない仕事用の2シーター車の中での運用です。

使用したリグはFT-290mk2、リニアアンプを付けての10W運用です。
しばらく交信しているとパワーを表示しているメータの振りが渋くなってきました。
まあいつものことながら、モジュールの温度が上がってパワー制限がかかっているようです。
放熱板周辺は触っていられないほど熱くなっています。

クーラーボックスから水を凍らせたペットボトルを取り出してリグの上に載せて冷却・・・。
次第にパワーが出るようになりました。


この機種の専用リニアアンプは結構熱がこもります。
以前、放熱用のファンを取り付けてみましたが・・・
氷嚢方式のほうが確実に冷えます。  (^^;;

 

 

2019年8月 4日 (日)

フィールドデー

20190803

数年前から時間帯が合わないため参戦を見送っていたFDコンテスト。
ちょっと時間がありましたので参戦しました。
まあ、参戦というよりは久しぶりに電波に声を乗せて安否報告程度ですが・・・。
(2日目の終了時間の繰上げは当局の運用には辛いです)

あんまり気張ることなく気楽な運用ということでアンテナもお手軽に。
今回使用したアンテナは、Radixの7MHz用1/2短縮の引き出し式のアンテナ、片翼4.5mで軽量なためあまり丈夫なポールでなくても設営できます。
このアンテナをちょっといじって、7MHz+18MHz-50MHz用として使います。
短縮コイルをバイパスしてしまえば、エレメントの引き出す長さを調整するだけでフルサイズDPとなります。
18MHzではちょっと短め、50MHzではちょっと長めとなりますが・・・アンテナチューナーでごまかせる範囲です。

相変わらずのQRP運用のためハイバンドが開いてくれればという期待を込めて・・・
駄目でしたね。

まあ、ログだけは提出しておきましょう。

 

2018年11月12日 (月)

移動運用時に無線局免許状を持っていた方がよい? Part2

タイトルの内容について2016/12/23日に書きました。
このblogのアクセス記録では,未だにアクセス数が多い記事になっています。

さて去る2018/3/1施行の電波法施行規則で記事の内容に齟齬(そご こんな漢字書けないぞ)が出てきましたので書き改めます。
早く書こうと思っていたのですが・・・
忙しさにかまけて・・・忘れていました。

今回の改正で変わったところは,無線局免許証票(以下証票とします)が廃止されたところです。
前の記事では証票を貼っていればOKと書きましたが貼る必要がなくなりました。
では免許状を携行かとなりますが,免許状は常置場所に備え付けとなっているようです。
ということは,移動先では証明するものが無くなってしまったということです。

では,どうやって電波検問を事無くやり過ごすか。

まあ,従事者免許の携行と登録した無線機を持って歩けばなんてこと無いということのようです。
今回,証票が廃止された理由として総務省では「無線局データベースの充実等を踏まえ」としています。
ということは,証明するものが無くても「こっちで分かるからいいよ」という事でしょう。
裏を返せば「登録していない無線機も分かるよ」という話にもなります。
平成34年問題もありますので穏やかでは・・・
ちゃんとしていれば問題なしです。

では電波検問対策は
総通が相手であれば従事者免許証があればそれでOKということです。
警察の職質であれば,正当なアマチュア無銭家であることを主張して穏便にお引き取り願うしかありません。

どちらにせよ,真っ当なアマチュア無線家であれば無線従事者免許だけでスムーズにクリヤーできるでしょう。

なお,回避する手段は・・・神頼みですかね。



※この記事を書いた時点で総務省ウェブサイトにある電波法施行規則が改訂されていませんでしたので,電波利用ホームページの記事を参考に書きました。

2018年10月 7日 (日)

全市全郡コンテスト

20181007


朝方仕事を片付けてコンテストに参加してみようと思いましたが,台風通過吹き返しで時折強い風が吹いてきます。
アンテナを展開するのもおっくうになりモビホでお手軽(ごまかし・・)運用です。
あまりHFのコンディションも良くないようなので2mだけにしました。

一応目標局数を決めてこれを越えたらログ提出のつもりで運用開始。
なかなか声がかからず,CQだけで喉が嗄れそうです。
それでも,短時間運用ながら目標数達成(ぴったりでした)しましたのでログを提出しましょう。

お声がけいただいた各局に感謝です。

2018年8月25日 (土)

水平偏波で2m運用

20180825

HF帯では水平偏波と垂直偏波の優位性について話題になる事は珍しくないことです。
その中でもハイバンドから6mまではゲインのある多エレメントは水平偏波、手軽なアンテナは垂直偏波という棲み分けがあるようです。
また、2mから上のバンドでは垂直偏波というのが一般的です(一般的というよりは常識というべきか)。

天気がよいので少し高台に登って2mを運用しました。
下界では風もなく穏やかな天気でしたが、標高800mまで登ると風が強くなっています。
アンテナを上げるポールは下界の風にあわせて細めのものです。
小さな八木アンテナでもスタックは難しそうです。
モービルホイップでいこうかと考えましたが、水平偏波にしたらいけるかもと思いセッティング。
風の影響が少ないようです。

CQをかけると・・・ 相変わらず呼んでくれる局が少ない。
アンテナのせいというよりも「いつものこと」でしょう。

ある程度遠くの距離(見通し外)は良いのですが、ローカル局からは「よわい」「ノイズっぽい」と通報されることがありました。
しらぬふりして交信して、水平偏波の運用ということはここで暴露です。

より以前の記事一覧