« コンテストの参加証 | トップページ | ファイアスターター »

2020年11月19日 (木)

ダークレス

20201119

物置を片付けていたら古い写真用品が出てきました。
以前に殆ど処分したつもりでも忘れされたダンボール箱に潜んでいたりします。
今回発見したのは、フィルム用現像液のセットです。黒白、ネガカラーとポジカラーの3種類です。
購入してから15年位経つでしょうか?使えるかどうかわかりません。そのうち使ってみます。

上の画像は、FUJIFILMから発売されていた黒白フィルム現像セットです。
暗室を必要としない画期的な現像セットです。
この他に引き伸ばし機材のセットも発売されており、このシリーズはダークレスという名称でした。
ダークレス>>>暗室不要 ということですな。

使い方は、赤いキャップの付いた現像タンクに パトローネ(フィルムの入った金属筒)ごとフィルムを入れます。
次にアンプルに入った現像液を現像タンクに入れて、タンクのハンドルをクルクル>ルクルクと右左に回します。
ハンドルを回すことでフィルムも回転してフィルムの隙間に現像液が入り込む仕組みです。
規定の時間になっらた現像液を捨てて定着液を注いでまたハンドルをクルクル>ルクルクと回します。
こちらも規定の時間処理したらパトローネからフィルムを取り出して水洗いしてから乾燥します。
フィルムをパトローネから取り出さずに処理するので明るいところで作業ができます。
大雑把に書けばこんな感じです。

書けば簡単なのですが・・・きれいに現像するには結構気を使います。
温度管理が雑になってザラついたり、均等に現像されず縞々になったりなどなど・・・。
それでも大伸ばしさえしなければ結構使える品質で現像することができました。
ただし、処理できるフィルムが24枚撮りまでという制約があるのでちょっと使いにくいものでしたが・・。
残っていた(使わなかった)理由は、多分長巻フィルムを使うようになったためだったと思うのですが・・・忘れました。

と・・・、試すのに24枚撮りのフィルムってあったけ?36枚撮りを切るか!

 

« コンテストの参加証 | トップページ | ファイアスターター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンテストの参加証 | トップページ | ファイアスターター »