« 夏の音 | トップページ

2018年7月 7日 (土)

G-SHOCK

20180707
常用している腕時計の電池が切れました。
その時計の電池を交換するついでに数年前から電池切れで机の引き出しの肥やし化していた腕時計の電池も交換することにしました。

引き出しにしまわれていたのは,かなり前に知人から貰ったG-SHOCK,ライズマンというモデルのようです。
別に欲しいわけでもなかったのですが・・・。
最初はお断りしましたが,しつこく (^^; すすめられたので貰っておきました。
未だにくれた理由がわからないのですが・・・。

このモデルは温度,気圧センサーが付いているので山用という感じなのでしょうか。
使い出せば便利なのかもしれませんが,当時常用していたダイバーズウォッチで不足がなかったのとG-SHOCKはギミック的(私感です)イメージがありありました。
結局,使うことなく放置したままバッテリー切れとなってしまいました。

数年間動いて(通電して)いなかった時計ですが,電池を入れると普通に表示がでました。
針式と違いあまり感動がありませんね。

さて,動いたのはよいのですが・・・
使うシチュエーションが思いつきませんので,安物時計のコレクションと共に動態保存される運命のような気がします。

« 夏の音 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の音 | トップページ