« JARTS RTTY コンテスト | トップページ | 山刀伐峠 »

2015年10月22日 (木)

名水案内 こわ清水

仕事や遊びで山に向かうことが多い。
つかの間の休憩でわき水でコーヒーを沸かして体を休める。
山奥になれば登山者や散策者そして私のような・・・者が利用するくらいだが,比較的里に近い場所では近隣から水を求めてやってくる人も多い。

20151022

ここは大石田町次年子の奥にあるこわ清水
村山市から大石田町に入ると次年子集落の手前にある。村山市から行けば写真のような看板があるのですぐわかるが,次年子から村山市に向かうときは看板が後ろを向いているので一つ目のスノーシェードが目印になる。清水はスノーシェード手前にある。

2015102201

近くにあった看板の説明から察するにこの清水は次年子集落の簡易水道の余り水のようである。ホースをたどっていくと簡易水道の配水場方面に伸びていた。滅菌処理済みということで安心して飲める水である。滅菌という人の手が加わっているが特に臭みもなく冷たくておいしい水だった。

2015102202


※清水の読み方は地方により様々ある。この周辺では「すず」と呼ぶことが多い。すずはわき水や沢水などを人が使いやすいように引き込んだ場所の総称だ。

« JARTS RTTY コンテスト | トップページ | 山刀伐峠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JARTS RTTY コンテスト | トップページ | 山刀伐峠 »