« 迎春 | トップページ | ソチ五輪記念局 »

2014年1月 3日 (金)

ディップメーターレストア

20140103

とある縁でグリッドディップメーターのジャンクを手に入れた。

外観の所々に破損したところがありコイルも付いていない。


とりあえず動作確認を。
その前に一応ケースを開けて配線等を確認。


この手の古い機器は、電源オンと同時にポンといく可能性がある。また、このディップメーターは真空管が入っているのでそれなりに電圧がかかっているのでビリっとくるのも嫌だ。配線を追って異常のないことを確認した。


付属のコイルがないので手持ちのディップメーターから拝借。電源を入れて暫くするとゆっくりとメーターが動き出した。発信はしているようだ。
構造が単純なので動かなくても良いかと思って入手したがこれはラッキー。外観の補修とコイルを作ればOKだ。


補修手順はケースの歪み補正、メーターの固定、コイルソケットの補修そしてコイルの作成となる。メーターはカバーが破損しているが手持ちがないのでそのうち交換しようと思う。

ケースの歪み補正とメーター固定は難なく完了、かなり錆が出ているが適当に錆を落として終了。古い機器なので錆や傷はアジのうちということで。
つぎはコイルソケットの補修だが、ホットボンドとエポキシ樹脂で欠損部分を修正した。


コイルはアクリルパイプに足を付けてを巻くことにする。適当に巻いたコイルで発信させてバリコンの値を求めてから作業開始。出来上がったコイルに熱収縮チューブをかぶせて完成。
ダイヤルの目盛りは両サイドで若干ズレるが傾向をつかんでおけばよいのでそのまま使うことにする。

おそらく私よりも高齢な測定器だろうがまだまだ現役である。精密な確度を必要としないぶん使う方も扱いやすい。
電源がAC100Vのため卓上で活躍してもらおうと思っている。

※画像中央が今回入手したもの

« 迎春 | トップページ | ソチ五輪記念局 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 迎春 | トップページ | ソチ五輪記念局 »