2020年1月28日 (火)

2mバンドAMモード

20200128

アマチュア無線の倦怠期対策。
VU帯でのマンネリ化防止も含めて2mでAMモードの運用をしています。
最近のHFからUV帯までQRVできる機種なら概ねAMモードもついているはず・・・。
ということで遊びましょうと電波を出しているわけです。

さて、最近2mバンドでAMモードを運用する場合、144.72MHzあたりのFM運用周波数を使用しています。
それなりに下心があってのことです。
FM主体のバンドの中で見つけてもらえるかもというのが最も大きな理由です。
ついで良くも悪しくも話題になればと・・・。

基本的には、呼び出し周波数でAMモードで発砲しますとアナウンスしながらやりますので、呼び出し周波数から大きく離れていても良いのですが、最近の機種を使用している方の中にはスペアナ表示している方もありますので・・・。

ということで2mAMやってますのでよろしくです。

 

ところで、当局の運用を聴いて疑問に思われる方もいらっしゃるようなので書いておきます。
疑問となるのは「バンドプラン的にどうよ?」という点です。
JARLなどのバンドプランを書いたものにはA3E(AM)は狭帯域で・という表記しかありません。
また、AMはSSBと同じところで運用するという古い時代の記憶も残っています。

結論をいえば 「AM(A3E)は SSBで使われる周波数、FMで使われる周波数 のいずれでも運用可能」となります。
一応平成21年の使用区分変更時に東北総合通信局に問い合わせし回答を得ました。
と、書いても当局の言い分ですので下記に根拠を書いておきます。

 

 

» 続きを読む

2020年1月26日 (日)

ご無沙汰しております

20200126

なんやかんやと正月から忙しく過ごしておりました。

今年初めての投稿になりますが、何を書こうかと・・。

一応、今日は旧暦の1月2日ということで、あけましておめでとうございます。
今年もごひいきに お願いいたします。

出かけたついでに、途中の高台で無線運用でもと考え目的地に・・。
思いがけないアイボール会となりました。

今年は雪が無い(少ないというレベルではありません)のでいつもの年には車で登れない場所に行くことができます。
出かけた先は、東根市(JCC#0511)にある大森山公園です。
平地から150m弱の小高い山です。
標高は大したことはありませんが四方八方に電波が飛ぶ面白いポイントです。

持ち出したアンテナはモビホだけのお粗末運用ですがそれなりに楽しめました。

モビホながらロケの恵みにより 秋田県八峰町と交信できました。

八峰町といえば ハタハタ・・・

今シーズンは食べていないなぁ・・・。

 

2019年12月27日 (金)

無線局再免許申請(スプリアス対応なし)

20191227

久しぶりの更新です。
一応生きています。

来年1月いっぱいで無線局免許の期限切れとなります。
少し余裕を見て今月初めに再免許の手続きを行いました。
今日、無事に新しい免許状が届きました。
届いた免許状の備考欄には、上の画像のような但し書きが付きました。

新スプリアス対応についてはずいぶん前から話題になっていますが、なんかあいまいなところしかわからないという感じでした。
再免許についても「新スプリアス基準」に合致しないものは免許されないとか・・ とか・・。

よくわからないところは、大元締めに聞いてみようということで確認してみました。
ついでに、仮に免許期間5年の許可が下りなければ免許期間2年で申請してもダメなのかなどという対応案を考えて・・・。

結論は、
令和4年の期限以降に「新スプリアス基準」に合致しない無線機が使えなくなるだけで、「新スプリアス基準」に合致しない無線機を含めて免許は下りるということです。
ということで、上のような但し書きが付くわけで・・・。

無事免許は更新されましたが、「新スプリアス基準」未対応の無線機があるわけで、結局は対応することになります。
あと3年もあれば・・・。 あっという間のような気がしますが。

 

2019年11月18日 (月)

カラッと

20191118

明け方まで熱でうなされていました。

毎年この時期は、軽い風邪をひくことが多いのですが、今年は重症です。
どうやら今年の風邪は貰い物のようです(心当たりがあります)。

熱のため体は痛いし2晩も変な夢にうなされました。なんで熱が出ると変な夢を見るのだろう。

で・・・、朝目が覚めたら熱が下がってスッキリです。

外に出たら空気もスッキリ、少し新鮮な空気を保給ということで外出してきました。
帰宅後怒られたのは・・・。

 

2019年10月22日 (火)

QSLカード到着

20191022

新しいデザインのQSLカードが届きました。
ネット入稿で作ったので届くまで少し不安なところもありましたが思ったようなできばえでした。

初めて使う印刷会社だったので1000枚印刷しましたが,このできばえならもう少し枚数を増やして1枚単価を下げてもよかったと思いました。
次回の注文時にはそうしましょう。

 

2019年10月18日 (金)

愛機(PC)にwindows10とSSDを導入しました

20191018

趣味の分野で活躍している我が愛機 lenovo製のThinkpad、新品で購入した最後のPCです。この機種以降に購入しているPCはすべて中古機ばかりです。

そろそろWindows7のサポート切れが近づいてきましたのでWindows10に入れ替えました。
しばらくWindows10で使っていましたがどうも起動が遅くてイライラします。
しばらく使ったWindows7にかぶせる形でWindows10を入れたものですからいらない設定などが引く継がれているのでしょう。
問題なくWindows10で手持ちのソフトが使えるようなのでOSのクリーンインストールをしてみました。
ついでに最近では手が出しやすい価格になったSSDを導入しました。

結果は、クリーンインストールの成果とSSD化による起動スピードのアップが図られましたが、ソフトの使用時の感覚はあまり変わりません。
まあ、今までのHDDでも特に不自由はしていませんでしたので問題ありませんが・・。

起動時のイライラがなくなっただけという感じです。

 

2019年10月 2日 (水)

DTPソフトウェアの変更

20191002

前の記事で使用しているソフトウェアをご紹介。
興味ありましたら Web上にいっぱい記事がありますので検索してみてください。

今回からQSLカード作成に使うソフトウェアを変更しました。
Open Sourceで開発されたScribusを入手して使っています。
Scribusを使った理由は,今まで使っていたIllustratorを知人に譲渡してしまい使えなくなったこと。
代替えのソフトを探していたのですが,家庭用のソフトウェアの多くがCMYKカラーが扱えないため導入に躊躇していました。
まあ,最近はRGBカラーでも結構柔軟に対応できますが・・・
それに家庭用のソフトウェアは,機能満載なのに使おうと思った機能が無かったりとなんか中途半端です。

先日の記事に書いたLinuxmintをいじっていてLinux版Scribusを試してみたところなかなか良さそうです。そこでメインPC用にWindows版を入手してみました。
作業自体はRGBカラーですが出力時にCMYKカラーとして保存できます。
(CMYKカラーの画像も扱えますが,デジカメの画像がRGBカラーですから混在はよくありません)
あとは印刷会社との相性なので今のところお試しとなります。

作業は,今まで使っていた Illustrator のファイルを読み込んで(一応読めます)作り直します。
・・・と思ったのですが,文字コードの違いで日本語が文字化けしてしまいました。
結局,レイアウトだけ読み込んでオブジェクトはコピペとなりました。

入稿するファイルが, Illustrator形式からPDFになりますが・・・。
QSLカードごとき問題ないでしょう。

 (゜;)\(--;)オイオイナニイッテンダヨ 

厳密な色を求めるのであればPCの調整は必須ですが,出力されたファイルを確認しただけでも傾向はつかめます。

 

※CMYKカラー,RGBカラーについてはWebでどうぞ。

 

2019年10月 1日 (火)

マルチサイズQSLカード作り

20191001

タイトルは格好良いのですが・・・。
¥がないからQSLカードを使い回そうという姑息な内容です。

そろそろ手持ちのQSLカードが少なくなってきました。
移動運用用には手抜き (。_・☆\ ベキバキ カードを使用していますが,ファーストコンタクトの局や気分が向いたとき発行するために印刷会社にお願いしたカードを準備しています。
現在,4パターンのデザインのものを使っていますが,そのうちの1つが無くなってきました。
そろそろ準備しておこうと思います。

以前であれば写真や絵を準備して印刷会社にお願いすればきれいなQSLカードができあがりました。
最近は,自分でデザインしたものを印刷してもらうということもできます。
当局も最近はPCでデザインしたものをメールで送れば完成したカードが届くというネットサービスを利用しています。

今回底を尽きそうなカードは約3000枚程発行しています。そろそろデザインを変更してもいいかなと思い作業にかかりました。
基本的には以前のファイルを使い画像と文字レイアウトを変更する程度ですが・・・。

今回作成するカードにはチョットしたギミックを入れることにしました。
通常は郵便はがきサイズで使用して,DX局用には2辺をカットすれば国際規格カードとして使えるようにします。

今までは,DX局に発行するカードは枚数も少ないことから家庭用プリンターで印刷したものを使用していました。A4の耐水フォトペーパーを使って4枚分を印刷してからカットしていました。
耐水ペーパーを使用していても水濡れにはやはり弱いようです。
データ面はレーザープリンター印字ですので問題ありませんが・・・。
海外の郵便事業がどんなものかはわかりませんが,取り扱いに不安がありました。
汚れたカードが届いたら当局もショックです。
そこで印刷会社にお願いしたカードを使い回してしまおうということにしました。

画像の配置もありますが,文字が間抜けにならない程度に間を開けて配置しなければなりません。日本語には簡単な英語を併記して っと。
やり過ぎるとごちゃごちゃしてしまいます・・・。

一応試し印刷してみましたが・・・
あとは実際に使う画像を何にするか考えなければなりません。

 

2019年9月23日 (月)

古いノートPCにLinuxを入れる

20190923

以前、仕事用に持ち歩いていた小型のノートPCにLinuxを入れました。
WindowsXPがサポート外になった時点で、クライアントに渡すファイルの処理を断念して放置していました。
一度、移動運用用にデータ通信に使ってみましたが、画面が狭くて一部のソフトが使いにくいため諦めました。

3連休の最終日、所要があり自宅待機状態です。
暇つぶしにこのPCを引っ張り出して遊んでみました。
どんなにいじっても画面の狭さは直しようはありませんが、ネットには気兼ねなく繋げられます。
メール専用として常時立ち上げておいてもいいかもしれません。

今回は数あるLinuxのななからLinux Mintを入れてみました。
以前(20年も前ですが)にLinuxを使っていたときは、まともに使うための設定に苦労しましたが、今回はすんなり使えるようになりました。Linux自体が改善されたこともありますが、Webに情報がいっぱいありますので助かります。まだ少し手直しが必要ですが問題ないレベルです。

あまりにもすんなりインストールできましたので少し遊んでみました。

LinuxにはWindows用のソフトを動かせるという大変ありがたい機能があります。
どのソフトも動くというわけではないのですが・・・。
今回は、アマチュア無線用のログソフトからTurboHamlogとCtestwinを入れてみました。

使ってみた結果は、まあ使えるかなと言う感じです。Windows上では痒いところに手が届いていたが、Linuxでは痒いところの一部が掻けないという感じです。
データベースとしてはちゃんと動いていますので一応使えます。
この程度のほうが遊ぶにはいいです。

暫く遊んだら本来の用途用に設定し直ししましょう。

2019年9月18日 (水)

デジカメでB&W

20190918

毎年の恒例行事、写真愛好会のグループ展用の出品依頼連絡が来ました。
前回はちょっと変わった手法で作成した黒白作品を出品しました。
今回はスクエアーフォーマットの黒白組み写真はどうだろうと考えています。

まあ、テーマもまだ思いつかないのですが・・・。

 

«写真になにかが・・・