2018年11月12日 (月)

移動運用時に無線局免許状を持っていた方がよい? Part2

タイトルの内容について2016/12/23日に書きました。
このblogのアクセス記録では,未だにアクセス数が多い記事になっています。

さて去る2018/3/1施行の電波法施行規則で記事の内容に齟齬(そご こんな漢字書けないぞ)が出てきましたので書き改めます。
早く書こうと思っていたのですが・・・
忙しさにかまけて・・・忘れていました。

今回の改正で変わったところは,無線局免許証票(以下証票とします)が廃止されたところです。
前の記事では証票を貼っていればOKと書きましたが貼る必要がなくなりました。
では免許状を携行かとなりますが,免許状は常置場所に備え付けとなっているようです。
ということは,移動先では証明するものが無くなってしまったということです。

では,どうやって電波検問を事無くやり過ごすか。

まあ,従事者免許の携行と登録した無線機を持って歩けばなんてこと無いということのようです。
今回,証票が廃止された理由として総務省では「無線局データベースの充実等を踏まえ」としています。
ということは,証明するものが無くても「こっちで分かるからいいよ」という事でしょう。
裏を返せば「登録していない無線機も分かるよ」という話にもなります。
平成34年問題もありますので穏やかでは・・・
ちゃんとしていれば問題なしです。

では電波検問対策は
総通が相手であれば従事者免許証があればそれでOKということです。
警察の職質であれば,正当なアマチュア無銭家であることを主張して穏便にお引き取り願うしかありません。

どちらにせよ,真っ当なアマチュア無線家であれば無線従事者免許だけでスムーズにクリヤーできるでしょう。

なお,回避する手段は・・・神頼みですかね。



※この記事を書いた時点で総務省ウェブサイトにある電波法施行規則が改訂されていませんでしたので,電波利用ホームページの記事を参考に書きました。

2018年11月 8日 (木)

インスタ映えを意識して

20181108

時折耳にするインスタ映えという言葉。

時代についていけないおっさんは,インスタグラムそのものを知りません。
たぶん,撮影した画像をネット上で公開してみんなで「おー」とかいってんだろうな程度の認識です。
それでも撮影に出かけるときは,たまに意識しています。

意識しているのは撮る方ではなく撮られる方です。

観光地や多くの人が集まる場所で蛇腹のついたカメラを三脚に載せて撮影していると,「写真撮ってもいいですか?」と声をかけられることがあります。
大概若い女の子なので鼻の下を伸ばしたおっさんは「顔が写らなければOK」と返事をしてしまうわけです (^^;。
一昔前は,少し離れた場所でみているだけ(内緒で証拠写真を撮られていたかもしれませんが・・)でしたが,最近では被写体としての地位を確立しつつあります。

10年ほど前に,ある方のblogで偶然自分の写った画像を見つけました。撮影されたときに声をかけられていたのですが,こんなところに載っていたとは・・・ビックリです。
他の方からこんな風に見えているのかとまじまじと見てしまいました。

・・・そのとき背中から神の声が

「恥ずかしいから 少しよい格好をしてよ (--#)」と・・・

あらためて画像を見るとヨレヨレの作業着のおっさんが写っています。
いわれるまで気づきませんでした・・ 場違いな格好ということに。
もしかしてカメラが珍しいのではなくておっさんの格好が珍しかったのか?・・・

普段,写真を撮影に出かけるときは汚れることを前提に作業着か登山用の服で出かけます。
あまりにも当たり前なので,カメラを持てばこの格好が定番になっていました。
まあ,現場にいた他人からはどうでもよいと思われているのでしょうが身内としては許せないというところでしょう。

この事件?以降,野山以外の人が集まるところに出かけるときはヨレヨレのブレザーがユニホームになりました。

そろそろ薄くなった頭にベレー帽を乗せてもよい歳になってきましたが・・・
まだまだ勇気が出ません。

2018年10月24日 (水)

優秀なレンズ

20181024_2

仕事帰りに近くのバラ園で休憩してきました。
休憩ついでにチョット写真を・・・。
休憩といいながら写真を撮りに出かけたわけですが・・・。
バラ園では冬支度がすすんでいます。
見頃には枯れた花を片づけてくれますのでどこにカメラを向けても綺麗な花を撮影できます。しかし,冬支度が始まったいまでは,綺麗な花の後ろに枯れた花がたくさん写っていまいます。

こんな時はチョット癖のあるレンズを持ち出します。
一応左の花にピントは合っているのですが・・・。
後ろの枯れた花がなくなりました。

Web用ならこんな写真もありでしょう。

2018年10月21日 (日)

デジカメの交換レンズ修理

201810211

フィルムとデジタルの端境期から愛用している一眼レフ用レンズがあります。
AF28-300mm Ultra Zoom XR F/3.5-6.3 LD Aspherical [IF] MACRO
こんなに良いレンズなんだよ といいたいのでしょうが長すぎでしょう (^^;
TAMRON愛用者は Model A06 で通用することも多いですが・・・。
まあフィルム時代のレンズということで古~いレンズです。
とにかく28-300mmをカバーするレンズとして重宝しています。

このレンズ装着した初代EOS Kiss Digitalをザックのショルダーベルトに付けて野山を徘徊しています。
小雨や汗の洗礼を受けることなど気にしないで使っていましたが・・・壊れません。
元々フィルムカメラ用として導入したのですが,カメラをデジタルに変更しても使い続けていますので購入してから今月で15年になりました。

と,相変わらず長い前置きです。

さて,購入してからちょうど15年目の先日,ピントが合わせにくいことに気づきました。

» 続きを読む

2018年10月11日 (木)

トイカメラで怪現象

20181011

またまた知人からの貰い物です。
ささやかなブーム?となっているトイカメラの仲間 HOLGA120 をいただきました。
プラスチック製のボディーとレンズは文字どおりおもちゃです。
このカメラにブローニー120フィルムを入れて使います。
カメラの詳細はWebでどうぞ。

せっかくのプレゼントなのでフィルムを1本とおしてみました。
といっても,あまり興味がないのでフィルムを入れてから12ショット撮り終えるのに約1年かかってしまいました。
先日,フィルムを入れっぱなしだったのを思い出し,最後のコマを撮影してから現像に出しました。

帰ってきたフィルムをスキャンしてみると・・・ ( ・_・;)

トンネルを撮影したコマになにやら赤い斑点が・・・

ここはJR仙山線の仙山トンネルです。
昭和初期の貫通で,工事中に殉職された方もおられるようで・・・
霊感の強い私が(←ホントかい?)撮影したので集まってきたのでしょうか。
まあ,これで完結しても良いのですが・・・

写真は科学です。   お~,格好良くなってきた。
説明がつく原因があるはずです。




ということで,原因は 後日!




眠くなったので,後ほどここに追記いたします。
お休みなさい。

幽霊の正体見たり枯れ尾花

» 続きを読む

2018年10月 7日 (日)

全市全郡コンテスト

20181007


朝方仕事を片付けてコンテストに参加してみようと思いましたが,台風通過吹き返しで時折強い風が吹いてきます。
アンテナを展開するのもおっくうになりモビホでお手軽(ごまかし・・)運用です。
あまりHFのコンディションも良くないようなので2mだけにしました。

一応目標局数を決めてこれを越えたらログ提出のつもりで運用開始。
なかなか声がかからず,CQだけで喉が嗄れそうです。
それでも,短時間運用ながら目標数達成(ぴったりでした)しましたのでログを提出しましょう。

お声がけいただいた各局に感謝です。

2018年10月 5日 (金)

オールドレンズ

20181005

知人から一眼レフ用のレンズをもらいました。
PENTAX Super-Takumar 55mmF2
昔々のフィルム時代のレンズです。
CANONのデジ一にアダプターを介して取り付けて試し撮りしてみました。
APS-Cサイズのカメラでは約90mmのレンズとなります。

試し撮りの結果は,使えるけど使えない。
写りや取り回しは良いのですが,普及型の古いAF(デジタル)カメラではピントの山がつかめません。
絞り開放の撮影では,レンズにカメラの性能が負けている感じです。
まあ,本気の撮影では使えないにしても,お遊びで使うにはおもしろそうです。


このレンズはおまけ付きのレンズです。
性能を上げるためにトリウムレンズが使われていますので,放射線がでています。
古いレンズではいろんなメーカーから同様のレンズが販売されていました。
半減期の長~~~いものなのでレンズが古くても新品同様の被爆が付いてきます。

2018年10月 3日 (水)

ポチッと黒白フィルム

20181003

フィルムの最後の砦と期待していたFUJIFILMが黒白フィルムと黒白印画紙の販売をやめてしまいます。
今頃は店舗在庫が無くなれば終わりという時期になっていることでしょう。
もう使えないということになると未練がましく確保したくなります。
135と印画紙はまだ手持ちがあるのでブローニーフィルムを入手しておくことにしました。

まあ3年分くらいあればいいか・・
チョット財布に堪えますが・・・ 先ほどネットでポチッといきました。

2018年9月24日 (月)

中秋の名月

20180924

中秋の名月,我が住処では豆名月です。
(山形では中秋の名月が豆名月という記事を2015年に書きました)
チョット実入りが悪いですがお月様にお供えする豆を準備しました。
あえてススキ,稲穂やお団子などは準備しませんが,十五夜には枝豆を,十三夜には里芋をお供えします。
月の出を待って屋外に枝豆を出しましたが今年は無月でしょうか。

先ほどお供えを下げようと屋外に出てみると時折雲の薄いところから隠れるようにこちらを覗いているお月様がありました。

ミズの実

20180925

我が家の野良猫? 用にマタタビを採るために山に分け入りました。
ある場所はわかっているので真っ直ぐ藪こぎです。
一冬,猫を楽しませるだけ確保してから自分の口に入れるものを探しに寄り道です。

ウワバミ草,山菜名ミズを求めて山中徘徊です。
こちらも特に珍しいものでもないので群生地にすぐ辿り着きました。
ミズの葉の付け根に付くイボ状の固まりが今回の目的です。
当地ではミズの実と呼ばれるムカゴです。

収穫したミズの実はきゅうりと一緒に浅漬けにして明日の朝食でいただきましょう。

«森林浴